中国語翻訳

中国語翻訳は質と量が重要

きれいな女性

質と量が伴っている中国語翻訳に依頼すれば、昨今勢いのある中国へのマーケット拡大が容易になるでしょう。ビジネス面での有効的な活用が見込めるので、ぜひここにはお金をかけるべきであると思います。

中国語翻訳のニーズは、上海万博や北京オリンピック以降急速に拡大しており、現在では大きなマーケットに成長していると言われています。
たしかに、中国の経済規模は世界でも有数のものでもあり、人口も多い為海外から見ればかなり魅力的なマーケットだと言えます。また、中国国内ばかりでなく、訪日する中国人も年々高まってきており、日本に訪れる中国人に向けた中国語翻訳のニーズも高まっています。
いずれのケースにおいても中国語翻訳の質が必要とされますが、その他にも翻訳者の数も重要になります。なぜならば、中国語には多様な言語で構成されているからです。今までの中国語翻訳は、主に北京語の翻訳を行っていれば良かったのですが、現在ではより広域にもマーケットが拡大しており、訪日する中国人も幅広い地域から訪れるようになってきているので、北京語に加え、広東語、上海語への対応も求められているのです。
実際、ネイティブな翻訳者(中国人)においても、今まで使ってきた言語に加え、広東語や上海語などの習得が求められているのが現状です。ですから、中国語翻訳を行う場合には、翻訳の質は勿論のこと、どれだけの人材を用意できるかも重要になってくるのです。

中国語翻訳者への道

中国語翻訳者としてコンスタントに仕事を行うには、翻訳を行っている会社でトライアルに合格する事が必要です。トライアルに合格するには、中国語の語学力は勿論のこと、日本語の語学力(語彙力)や中国語翻訳の経歴(または中国語翻訳に係わる学歴)が必要になります。英語翻訳の場合はさらにこれらの項目に加え、技術翻訳や学術翻訳などにに係わる専門知識が求められますが、中国語翻訳の場合翻訳の需要に対して翻訳者の数が足りていないのが現状なので、専門知識はあまり求められないようです。
また、英語翻訳の場合公開トライアルなどの様に、経歴をあまり気にしない翻訳者の募集も行っていますが、中国語翻訳の場合そういった募集はあまり行われていません。ですから、中国語翻訳者を目指すには中国語翻訳の経歴を充実させておくことが重要になります。この事から、中国語翻訳者になるには、まず経歴の充実のためにフリーランスで活動する事をお薦めします。
この時、経歴の質を上げるためにも、中国語翻訳の誤訳をなるべく少なくする事を心掛けるといいでしょう。また、経歴を重視するあまり無理な仕事を引き受けるような事は避け、中国語翻の仕事を早めに進めるようにし、仕事を断る回数をなるべく減らしていくと順調に経歴を充実させることができます。

中国語翻訳をしてくれる人を探す

中国語翻訳を様々な仕事でやってもらわないといけないような状況になることは間々あることでしょう。そんな時にお勧め出来るのがインターネットです。今はインターネットでいくらでも中国語翻訳サービスを提供しているところが見つけられます。
多くの場合、何人もの翻訳者を抱えているか、或いは請負などの契約をしていることになっていて、いくつかの言語に対応しているのが基本です。例えば英語のみ、というところもありますが、サービスの多様用を高めるために複数の言語も出来るようにしているところが増えています。
この業界も競争が激化しているのは確かであり、一つだけでは成立たないというのがよくあるからです。それと専門性にかなり特化していることもあります。つまりはそれだけ中国語翻訳の世界も専門性が重視されている、ということでもあります。これは当然、単価にも影響してくることになります。
また、インターネットで業者を探すのも良いのですが最近ではクラウドソーシングを用いて、個人に依頼する、という手も普及してきています。技術力に関してはいくらかテストをしないといけないので手間はかかりますがそれでも専門業者に依頼するよりも安価で依頼できます。技術がしっかりしていることが確認できればこれでも問題はないです。

翻訳家になった人たち

翻訳家になろうと思うきっかけは人様々です。大好きな映画や、楽曲の歌詞などを翻訳しているうちに好きになったなど。私の場合は、もともと英語を勉強したり、海外メディアを調べるために海外のニュース(英文)を見ていたりと、趣味の一環で興味があったのと、結婚して子供も産まれ、家事と育児を両立するために在宅ワークを探しているときにたまたま見つけたのが縁でした。…

WEBで翻訳を依頼する際に

出版社などを通してではなく個人で中国語翻訳家を探す場合、今は手軽にウェブで探すことができます。しかし、ウェブで探すと、たくさんの検索結果が出てきてどこを選べばよいか迷ってしまいますよね。ウェブでの翻訳受託を行っている企業でも、採用テストを行って質の高いサービスを提供しているところもあれば、安いだけのところもあります。ウェブで中国語翻訳を依頼する際には、…

翻訳会社を選ぶ基準と担当人数

翻訳サービスを利用する場合、人数などは会社を見極める基準の1つになります。なぜなら、それは文章の精度にも関わってくるからです。そもそも外国語の文章を翻訳してもらう際にも、やはり一定のクオリティーが求められます。自然な文章になっているかどうかは、もちろん大切なポイントです。また文章が正確か否かも、やはり見過ごせないポイントと言えます。それらのポイ…

翻訳家になるには

業界で需要の多い翻訳家は志す人の多い職業です。医薬分野、マーケティング、映像作品、ITなど多岐に渡ります。「本気で翻訳家になりたい」と思ったら、翻訳の専門学校に行くことをおすすめします。凄く有名な学校が東京にはあります。外国語大学や専門学校は数あれど、これだけ翻訳に特化した学校はないでしょうね。実際の通学講座以外に通信講座もあります。この記事で…

TOP